手作り自然生活∞アマヤマ草庵 online shop  

薬師如来曼荼羅 マンダラ:タンカサイズ50cm×68cm(額縁なし)タンカ 曼荼羅

薬師如来(やくしにょらい)、正式の名前は、「薬師瑠璃光(るりこう)如来」と言います。梵語ではBhausajyaguru(バイシャジャグル)。病気平癒・身体健全・除病延寿・災難除去の仏として広く信仰される。東方の浄瑠璃世界に住み左手に薬の壺を持っている。釈迦と同じような姿で表されることが多く、体に飾り物を付けることは余りない。釈迦と同じ印相を組み薬壺や薬草を持っている。薬師三尊は両脇に日光菩薩、月光菩薩。まわりを十二神将が守護し、昼夜24時間全方向にいる病の人を助けてくださいます。Mantra/Om huru huru candli matangi svaha。(真言宗真言)おんころころせんだりまとうぎそわか。(天台宗真言)おん。びせいぜいびせいぜい。びせいじゃ。さんぼりぎゃてい。そわか。曼荼羅などにはあまり描かれない。薬師如来は西方極楽浄土の阿弥陀如来に対して東方浄瑠璃界の教主です。その名の通り医薬を司る仏で、薬師仏・医王という別名もあり、衆生の病気を治し、安楽を与える仏とされます。このため仏像もしばしば薬壷を持っています。薬壷の中には、体の病、心の病、社会の病をすべて治してしまう霊薬が入っており、それは、釈尊(お釈迦さま)の説かれた教えを象徴的に表わしているものとされます。・・・それと言うのも、釈尊の教えは、しばしば、人々の苦しみを取り除く医療に譬えられ、釈尊は「最高の医者」とも称されるからです。そのため、薬師如来は、釈尊と同一視される場合もあり、釈尊の衆生救済の働きを表わしたのが薬師如来であるとも言われているのです。

∞ψ∞
全体的にダークで落ち着いた色合い。黒、藍、緑、ところどころにゴールドが輝く。中央に薬師如来を称えた曼荼羅の世界。見る角度や光の加減でいろんな表情を見せてくれる曼荼羅。吸い込まれてしまいそうな異世界への扉。。。

チベット、チベット自治区以外の中国チベット文化圏、インドにあるチベット文化圏、ダライラマ法王の亡命先ダラムサラ、そしてネパールにていろんなタンカ屋さんを見て回って探し出したアマヤマ草庵お勧めの一枚。直接現地で様々なタンカ、曼荼羅を見てきたのでクオリティーの良さには自信があります。数は少なめですが、限定でご縁のある方に届いてくれたら嬉しい限りです。

タンカ、曼荼羅はその神聖さゆえにその場を浄化してくれます。そしてその浄化された場所にてタンカ、曼荼羅を見る人々をも浄化、解放してくれる、、そんな不思議な力があります。
その方それぞれフィーリングの合う、お気に入りの逸品でチベットの世界に触れていただけたらと思います∞∞∞
販売価格 55,000円(税抜)
購入数




カートを見る



Son of light支援について
アマヤマ草庵もサポートしている師匠サンタさん&フレンズのネパールの子供たちへの活動支援∞∞
●シンギングボール兄弟子の田中順子さんのサイトより
〖★Son of Light の活動の根底には「良き行いが私たちの心に良いカルマ(karma)と幸せをもたらす」という確信があります。未来を作る子どもたちは私たちの神様です。そして神は皆様に恵みと良き人生をもたらします。活動を支援いただく全ての皆様に、Never Peace and Love (NEPAL)!★ 〗
Students for a Free Tibet Japan
Students for a
Free Tibet Japan

About the owner

アマヤマさん

ひとつひとつ、一針一針、真心と愛情をたっぷり込めて、世界に1つしかない作品を創っています。 地球とカラダが喜ぶ、ナチュラルで気持ちのいいものを、これからもお客様とシェアしていけたら嬉しく思います